Takaの暇潰し

*

【驚愕】スピルバーグは宇宙人に会っている【都市伝説】

      2016/02/20

 

超有名なアメリカの映画監督スティーブン・スピルバーグ。

これからここに書くことは彼に関する都市伝説です。

信じるか信じないかは、あなた次第

 

SPONSERD LINK

 

 

アメリカと宇宙人

 

まずアメリカの大統領は宇宙人に会う義務があるらしい(笑)

いつ、なんで、どのタイミングで、どこで、などなどつっこみたいとこがたくさんあるが本題ではないので置いておこう(笑)

ちなみにジョン・F・ケネディが暗殺されたのも、宇宙人のことを世に公表しようとしたからだそうです。

ケネディに関する都市伝説も結構おもしろいですよ。

話を戻しますが、とりあえずアメリカは宇宙人の情報を持っているということです。

いずれ宇宙人に関する話を世界中の人に公表しなければならない。

しかしいきなり宇宙人を見て人々は混乱しないだろうか。

そこでアメリカは考えた。

あの人の力を借りて宇宙人の姿と心を伝えようと。

その男がスティーブン・スピルバーグです。

民間人でただ一人、宇宙人を知る男になった訳です。

 

彼の映画にこめられた意図

 

アメリカはなぜスティーブン・スピルバーグを選んだのでしょうか?

それは彼が素晴らしい映画監督だったからです。

アメリカが考えたのは「映画を通して宇宙人のことを世界中に伝えればいんじゃね?」でした。

そこで適任だったのがスティーブン・スピルバーグでした。

彼が宇宙ものに関する作品第1段は「未知との遭遇」でした。

ここで登場したのはみなさんも知っているこんなやつ

 

 

 

 

リトルグレイちゃんです。

宇宙人といえば昔はイカとかタコみたいなやつですよね。

デジモンでいうとベーダモンですね(笑)

この映画を通してスティーブン・スピルバーグが伝えたかったのは、

「宇宙人ってタコじゃねーよ、銀色のやつだよ」

ということです。

この映画の公開後はリトルグレイの目撃情報も増えたらしく、アメリカの目的第1弾は成功したわけですね。

続いての作品は「E.T.」です。

見たことない人がいないというくらい有名ですね。

まあ僕は見てませんけど(笑)

宇宙人って得体が知れないので怖いというイメージが強いです。

そのイメージを払拭するために作られたのがこの映画です。

「宇宙人は敵ではない、友好的なんだよ」と伝えたかったわけですよ。

このようにアメリカは人々が宇宙人に会っても混乱しないように、彼の映画を通して国民に「宇宙人の実態」を伝えていったのです。

しかしはさらに「宇宙戦争」というものも作っています。

これは宇宙人が敵として襲来してくる映画らしいのですが、アメリカの意図を考えたら

こんなの見せたらダメじゃね?

と思うのは僕だけでしょうか……

 

宇宙人はホントにいるのか

 

どうでしたか?

なかなかおもしろい都市伝説だと思います。

実際のところ宇宙人はいるのでしょうか?

そもそも宇宙人の定義ってなんでしょう。

ただ、僕の考えは「地球外生命体はいる」と思ってます。

宇宙はとてつもなく広いです。

それなのに太陽系の地球にしか生命がないのはありえないと思います。

少なくとも微生物レベルなら間違いなくいるでしょう。

※あくまで僕個人の考えです。

いるとしたらいつ会えるのだろうか。

 - 都市伝説 , , , , , , , ,

        

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

【都市伝説】アメリカ大統領リンカーンとケネディの奇妙な共通点

  アメリカの大統領で暗殺されたジョン・F・ケネディとリンカーン。 こ …